空き家を売りたいけどそのままの状態と更地で費用は変わる?

2021-08-10

空き家を売りたいけどそのままの状態と更地で費用は変わる?

所有している空き家を売りたいけど、住宅はそのままの状態と更地にするのとどちらが望ましいのでしょうか。
実は空き家になっている古家付きの土地の売却にもメリット・デメリットが存在します。
今回は古い家がそのままだとどうなってしまうのか、更地にするメリット、空き家を売りたい人のために費用についてもご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

空き家を売りたいけどそのままの状態だとどうなる?

古い家がそのままになった土地のことを「古家付き土地」といいます。
これは中古住宅という訳では無く、古家付きの土地という意味なので、建物に価値はありません。
木造建築物の場合、築20年以上の木造住宅だと住宅自体の価値は無くなってしまいます。
ですが、古家付きの土地で売る場合、解体費用が掛からなかったり、固定資産税が安くなるなどのメリットが存在します。
古くなってしまった住宅のリフォームだったり解体だったりと追加でお金が発生しますので、取り壊すより買い手がつきにくいというデメリットも存在します。

この記事も読まれています|不動産を相続したのちに売却したい!売却の流れと注意点を詳しく解説

\お気軽にご相談ください!/

空き家を売りたいなら更地にしたほうがいい?

買い手がつきにくいため、家は壊してしまったほうがいいのかというと、それもケースバイケースです。
古家がある土地に比べて確かに買い手はつきやすいですが、一度更地にすると立て直しのきかない、再建築不可という土地が存在します。
そうした土地の場合、せっかくお金をかけて土地を綺麗にしたのに、新しい家を建てられないために買い手がつかないという事態に陥ってしまいます。
更地にするかどうかは、必ず専門家と相談した上で決めましょう。

この記事も読まれています|不動産を相続したのちに売却したい!売却の流れと注意点を詳しく解説

\お気軽にご相談ください!/

空き家を売りたいけど費用はどうなるの?

空き家を売るのであれば、当然売却前に中のものを処分したり、売れるまでの間のメンテナンスなどの維持費、自身が所有している間は固定資産税がかかります。
空き家の家財道具が一式そのままになっているのであれば、当然その処分に費用がかかります。
こうした処分は一軒家程度のスペースの家財道具で20万~60万円程度の費用がかかります。
空き家としての価値がないため、解体するのなら、その家財道具の処分に加えて解体にもお金がかかります。
地域によっては、老朽化した住宅の解体時に使える助成金制度もありますので、空き家がある地域で使える助成金制度を調べてから、着手するのが良いでしょう。

この記事も読まれています|不動産を相続したのちに売却したい!売却の流れと注意点を詳しく解説

まとめ

空き家を売りたいと考えても、いざ着手してみると、そのままの状態よりも更地にしたほうが良い場合もあります。
古い家の維持に費用を使い続けるのも勿体ないので、どんな方法が自分にとって最適なのかをしっかり見極めるためにも、助成金制度を調べたり専門家に聞いたりと入念に進めましょう。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

06-6838-3612

営業時間
9:00~17:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ