ご近所に気付かれずに不動産売却したい!媒介契約や売却活動はどう進める?

2021-08-24

ご近所に気付かれずに不動産売却したい!媒介契約や売却活動はどう進める?

この記事のハイライト
●ご近所に知られず不動産を売却するときの不動産会社の選び方がわかる
●どうすれば人に知られず売却活動に成功するかがわかる
●ご近所に気付かれずに不動産を売却できる最短の期間がわかる

ご近所に気付かれずに不動産を売却したい、と考えていませんか?
不動産を売る理由はさまざまで、「できるだけ誰にも知られずに売却できないものか」と悩む人は実は少なくありません。
そこで今回は、ご近所に気付かれずに不動産を売却したいときに媒介契約する流れや売却活動を成功させるポイント、売却までにかかる期間について解説します。
新大阪エリアで売却をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

ご近所に気付かれずに不動産売却するときの媒介契約の流れ

ご近所に気付かれずに不動産売却するときの媒介契約の流れ

まずはできるだけ人に知られることなく不動産を売却したいときの、媒介契約までの流れをご紹介します。

気付かれずに不動産売却したいなら一般媒介契約が無難

不動産を売却するときには、不動産会社と「媒介契約」を結んで買主を探すのが一般的です。
媒介契約には、以下の3種類があります。

  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 一般媒介契約

普通に買主を探すのであれば、ほかの不動産会社と契約できない専任系を選んだほうが高く売却できるとされています。
しかし「ご近所に気付かれないように売却したい」と考えているなら、一般媒介契約を結ぶのが無難です。
それは専属専任媒介契約と専任媒介契約は、「レインズ」と呼ばれる不動産会社専用のシステムに物件情報を登録する義務があるためです。
レインズに登録されてしまうと、ご近所の人が近くの物件を探してほかの不動産会社に相談しにいったときに、案内を受けてばれてしまう可能性があります。
そのためどうしてもご近所に知られたくないと考えるなら、レインズへの登録義務がない一般媒介契約を検討するようにします。
しかし一般媒介契約の場合でも、多数の不動産会社と契約するのではなく、信頼できる数社だけを選ぶことが大切です。

媒介契約の流れ

それでは具体的に媒介契約を結ぶ流れをご紹介します。
1. 売却の相談をおこなう
まずは不動産会社をいくつか選び、売却の相談をおこないます。
この時点でご近所に知られず売却したいことを伝えることが大切です。
2. 売却不動産の調査と査定
売却したい不動産の調査と査定をしてもらいます。
査定には「訪問査定」と「机上査定」の2種類があります。
まずは実際に物件を見にいく「訪問査定」ではなく、周辺の事例や相場などから査定額を出す「机上査定」をしてもらいましょう。
3. 売却活動の提案と不動産会社の絞り込み
机上査定をしてもらうと同時に、近所に知られないようにどのような売却活動をおこなうかを提案してもらいます。
査定額と売却活動の内容を聞いたうえで、信頼できそうな不動産会社に訪問査定を依頼します。
正確な価格を知るには訪問査定は避けられませんが、ご近所にばれないためにはできるだけ回数を減らせるよう、この段階で2~3社に絞り込むようにしましょう。
4. 契約の締結
最終的な査定額と売却活動の内容、そしてこれまでの対応から信頼できる不動産会社をさらに絞り込んで選び、媒介契約を結びます。

この記事も読まれています|不動産は住みながらでも売却できる!空き家にせず売るメリットと注意点とは

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でご近所に気付かれずに売却活動を成功させるポイント

不動産売却でご近所に気付かれずに売却活動を成功させるポイント

ご近所に気付かれずに売却活動を成功させるには、通常とは異なるポイントが2つあります。
それぞれ解説していきます。

査定価格よりも信頼性を重視して不動産会社を選ぶ

ご近所に内緒で不動産を手放したいときには、信頼できる不動産会社を選ぶことが何よりも大切です。
通常の不動産売却なら、できるだけ高く売却したいと考える人がほとんどなので、訪問査定を受けて高い査定額を提示した不動産会社を選びます。
一般的にはそれで問題ありませんが、できるだけ人に知られたくないといった特殊な事情がある場合は別です。
そのようなケースでは、査定額よりも不動産会社の対応や信頼性を重視して不動産会社を選ぶ必要があります。
いくら査定額が高くても、口が軽そうだったり親身に話を聞いてくれなかったりする会社は避けないと、どこから漏れてしまうかわかりません。
そのためにも、机上査定や訪問査定の段階で、信頼関係を築ける会社を見極めて絞り込むことが大切です。
査定額が多少他より安くても、ご近所にわからないように売却してくれると信じられる不動産会社を選びましょう。

不動産会社の買取を視野に入れる

どれだけ注意して売却活動をおこなっていても、ご近所に完全に隠し通すのは難しいのが現実です。
ご近所にどうしても気付かれないように不動産を売却したいなら、不動産会社の買取を検討するのがおすすめです。
買取とは、買主を仲介してもらうのではなく、不動産会社に直接買い上げてもらうことを指します。
買取は仲介での売却よりも安くなることが一般的ですが、買取を選択すると以下のような利点を得られます。
内覧をしなくていい
不動産会社に買い取ってもらうなら、内覧をしなくていいことがメリットです。
不動産を売却するときには、購入希望者が見つかるたびに実際に家を見てもらう「内覧」をおこなわなければなりません。
たびたびセールスマンらしき人が見知らぬ人を連れて家を訪ねてくることを、ご近所の人が不審に思う可能性があります。
マンションなどでは入り口であいさつをしているときに、お隣が通りがかることも考えられます。
すぐに買主が見つかればいいものの、長引いた場合には何度も内覧が続き、そのたびにご近所にばれないかビクビクして過ごすことになります。
その点買取なら、不動産会社が訪問査定をすれば内覧などは不要です。
ご近所に知られる機会を減らせることは、買取のメリットです。
宣伝をしないのでご近所に気付かれにくい
不動産会社が持っているリストから買い手が見つかればいいのですが、なかなかそうはいきません。
そのため買主を見つけるために、不動産会社は宣伝活動をおこなう必要があります。
しかしチラシなどはまかないにしても、インターネットに掲載されると、どこでどうばれるかわかりません。
たとえば新大阪エリアが気に入って住んでいる人が、このまま住み続けたいと近所の物件を探すのは珍しいことではないためです。
その点買取なら、売却活動自体が不要になります。
誰の目に留まることなく売却活動を終えられるのは、買取のメリットです。

この記事も読まれています|不動産は住みながらでも売却できる!空き家にせず売るメリットと注意点とは

\お気軽にご相談ください!/

ご近所に気付かれずに不動産を売却できる最短の期間はどれくらい?

ご近所に気付かれずに不動産を売却できる最短の期間はどれくらい?

それではご近所に気付かれないように不動産を売却するのには、どれくらいの期間が必要になるのでしょうか。

通常の仲介による売却なら3カ月~半年ほどかかる

通常の仲介による売却なら、3カ月~半年ほどの期間がかかるのが一般的です。
査定をしてもらい不動産会社と契約するのに1~4週間、売却活動を開始して買主を見つけ、売買契約するのに1~3カ月、物件の引き渡しにさらに1カ月は見ておく必要があります。
買主が早く見つかればいいのですが、なかなか見つからない場合にはさらに長引くことも覚悟しておく必要があるでしょう。

不動産会社の買取なら最短数週間での売却も可能

買取なら、早ければ1~2週間で売却することも可能です。
売却活動が長引けば長引くほど、ご近所に知られる可能性は高くなるので、売却期間の面から見ても買取を検討するのが現実的です。

この記事も読まれています|不動産は住みながらでも売却できる!空き家にせず売るメリットと注意点とは

まとめ

ご近所に気付かれずに不動産を売却するときに何よりも重要なのは、信頼できる不動産会社を選ぶことです。
ただし仲介を希望するなら、売却活動をしているなかで、情報が漏れる可能性をゼロにはできないと考えておく必要があります。
可能な限り人に知られることなく不動産を売却したいなら、短期間で売却まで終えられる買取を検討するのがおすすめです。
新大阪エリアの不動産の売却をお考えの方は、私たちあさひリアルティまでぜひご相談してください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

06-6838-3612

営業時間
9:00~17:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ