不動産を売却するさいにインスペクションするメリットを解説

2021-08-31

不動産を売却するさいにインスペクションするメリットを解説

不動産の売却を検討されている方は、是非インスペクションについても合わせて検討してみてください。
これによって売り手側にとっても買い手側にとっても多くのメリットが生まれるからです。
ここでは、インスペクションをおこなう目的についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却とインスペクションとは

何気なく暮らしている建物などに、もしかしたら何か不具合があるかもしれないといったことを、考えたことがある方は多いのではないでしょうか。
インスペクションとは、プロの目で住宅診断をおこなうことで、不動産の売却をするにあたりさまざまなメリットがあると言われています。
対象となるのは、2年間以上住宅として使っていた一戸建てやマンション、アパートなどです。
これによって、一見何ら問題がなさそうな物件であっても、床下などをチェックすることで問題が見つかる場合もあります。
また、売り手だけでなく、買い手側がインスペクションをおこなうことも可能です。

この記事も読まれています|不動産を売却するならリフォームすべきなの?必要性やメリットを詳しく解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産を売却するさいにインスペクションする目的とは

一般的に、一週間~二週間程度の期間と5~6万円程度の費用がかかりますが、売却する前におこなうことで、買い手は安心して購入することができます。
ただし、基本的な調査以外に見てもらう場合は、オプション料金が発生することもありますので、そのあたりも慎重に進めてください。
売り手も付加価値を付けて不動産を売ることができるため、早く売れやすかったり高く売れやすかったりするなど、多くのメリットが得られます。
また、これをおこなうことで瑕疵担保保険に入ることができるようになるのですが、何らかの問題が見つかった場合はそれを修繕する必要があります。
現在の住宅が、どういった状態になっているのか売買契約書に記載できるため、契約不適合といった責任が発生するリスクの不安が軽減されるのも魅力です。
インスペクションをおこなったことで問題が見つかりそれを修理して売却すれば、査定額よりも高く売れるようになるかもしれません。
また、修理することなくそのまま売った場合であっても、相手はそれをわかった上で買っていますのでクレームの心配を減らすことができます。
ただし、注意しておきたいこともあります。
インスペクションをおこなう場合、だれかれかまわず依頼してはいけません。
必ず、不動産会社を通して、確かなその道の専門家に見てもらうことが大切です。

この記事も読まれています|不動産を売却するならリフォームすべきなの?必要性やメリットを詳しく解説

まとめ

不動産を売却する場合は、あらかじめインスペクションをおこなうのもおすすめです。
おこなう目的は、さまざまなリスクを減らして早く売ることにつなげたり、高く売ることにつなげたりすることです。
費用と調査に時間がかかりますが、是非ご検討ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

06-6838-3612

営業時間
9:00~17:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ