不動産売却における土地の譲渡とは?取引形態を把握して上手に手放そう!

2021-09-21

不動産売却における土地の譲渡とは?取引形態を把握して上手に手放そう!

不動産売却における土地の譲渡とは、どのような取引形態のことかご存知でしょうか。
今回は、新大阪や西中島で不動産売却を考えている方に向けて、土地の譲渡にフォーカスします。
土地の譲渡と贈与や相続との違い、譲渡する際の流れについてもご紹介するので、土地を上手に手放すためのご参考にしてみてくださいね。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における土地の譲渡とはどのような取引形態?

不動産売却における土地の譲渡とは、いわゆる売却と同義の取引形態のことです。
つまり、第三者へ有償で土地を渡す行為を指します。
土地を渡して対価を得た場合、売主には譲渡所得税(土地の譲渡によって得た利益にかかる税金)が課税されるため、注意が必要です。
なお、一定の条件を満たせば、譲渡所得税は節税できます。
譲渡(売却)によって損失が出た場合でも、損益通算や繰越控除ができる特例を活用すれば、所得税や住民税を減らすことが可能です。
また、土地を譲渡する際は、譲渡所得税以外に印紙税などもかかります。

この記事も読まれています|不動産を相続したのちに売却したい!売却の流れと注意点を詳しく解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における土地の譲渡と贈与や相続との違い

続いて、不動産売却における土地の譲渡と、贈与や相続との違いをみていきましょう。
簡潔にお伝えすると、譲渡が有償で土地を渡すことなのに対して、贈与や相続は無償で土地を渡すことです。
そして、贈与と相続には、下記のとおり土地の受け渡し時期に違いがあります。

  • 贈与…土地の所有者が存命のうちに(無償で)受け渡し
  • 相続…土地の所有者が死亡したあとに(無償で)受け渡し

先述したように、譲渡では、土地を渡した側が譲渡所得税を支払います。
しかし、贈与や相続においては、土地を受け取った側に贈与税や相続税を支払う義務が発生するのがポイントです。

この記事も読まれています|不動産を相続したのちに売却したい!売却の流れと注意点を詳しく解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における土地の譲渡の流れをチェック

最後に、不動産売却における土地の譲渡の流れをご紹介します。
土地の譲渡の流れは、下記の6ステップです。
1.査定依頼
土地の売却価格を設定するために、まずは不動産会社に査定を依頼します。
同じタイミングで、近隣の相場も調べておきましょう。
2.媒介契約
仲介を依頼する不動産会社と媒介契約を結びます。
3.売却活動
不動産会社と連携して広告を出したり、内見をおこなったりします。
4.売買契約
買主が見つかったら、買主と売買契約を結びます。
条件などの交渉は不動産会社にも協力してもらいましょう。
5.土地の引渡し
土地を買主に引き渡します。
引渡しと同日に、土地の所有者の名義変更もおこないます。
手続きが不安な場合は、司法書士に手続きの代行を依頼すると安心です。
6.確定申告
売却した翌年の2月16日から3月15日までに、忘れずに確定申告しましょう。

この記事も読まれています|不動産を相続したのちに売却したい!売却の流れと注意点を詳しく解説

まとめ

今回は、不動産売却における土地の譲渡について詳しくご紹介しました。
土地を譲渡する場合は、なるべく早く高値での取引を実現させたいものですよね。
価格の設定などの具体的なご相談から小さなお悩みの解消まで、不安なことがありましたらお気軽に弊社までご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

06-6838-3612

営業時間
9:00~17:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ