セットバック物件を売却するときのポイントとは?

2021-10-19

セットバック物件を売却するときのポイントとは?

建物を建てる土地は、一定の基準を満たした道路と接することが義務付けられています。
もし基準を満たしていないなら、土地をセットバック(後退)させなければなりません。
今回は、新大阪・西中島エリアで物件を売却するときに知っておきたい、セットバックとはなにかについて、確認していきましょう。

\お気軽にご相談ください!/

道路に面する物件の売却で知っておきたいセットバックとは?

土地に建物を建てるとき、建築基準法において次の条件を満たす必要があります。
幅員4m以上の道路に、間口2m以上で接していること
これには十分な道幅を確保し、緊急車両の走行や災害時の避難を円滑にする目的があります。
また日照や通風も確保できるため、住みやすい環境作りにおいても重要です。
しかし、古くからある建物は建築当時の基準が異なるため、十分な幅員や間口を確保できていないケースが珍しくありません。
そのため、売却にあたっては、セットバックが必要な物件であるかどうかを確認することが大切です。

セットバックの方法

セットバックするときは、道路の中心線から2mの距離まで、建物を後退させる必要があります。
たとえば、接している道路の幅員が3mなら、0.5m後退させて中心線(1.5m)まで2mの距離を確保しましょう。
そして、対面側もセットバックすれば、4mの道路幅になります。

この記事も読まれています|不動産売却にかかる費用とは?仲介手数料や抵当権抹消にはいくら必要?

\お気軽にご相談ください!/

セットバック物件の売却におけるデメリットや注意点

セットバックは、建築基準法に基づいておこなうものですが、物件の売却にあたってはデメリットもあります。
まず、セットバックは拒否できないため、土地面積が狭くなります。
また、後退させたあとの場所には、駐車したり塀を設置したりはできません。

セットバックの注意点

線路・河川など、対面側がセットバックできない場所のときは、自身の土地で幅員4mを確保しなければなりません。
また、対面の敷地がすでにセットバック済みの場合もあります。
そのため中心線は現況で判断するのではなく、各自治体に確認することをおすすめします。
物件を売却する際も、中心線の位置やどのくらい後退させる必要があるのかがわかっていれば、取引をおこなうことができるでしょう。

この記事も読まれています|不動産売却にかかる費用とは?仲介手数料や抵当権抹消にはいくら必要?

まとめ

物件を売却するときに確認しておきたい、セットバックとはなにかについて解説しました。
セットバックを要する物件の売却には、他の物件と異なる注意点がありますが、売却できないわけではありません。
法律を守りながら自身が望む条件での売却活動にお悩みの方は、お気軽に弊社までご相談ください。
新大阪駅のある西中島エリアを中心に、大阪で不動産売却をご検討中の方は、「あさひリアルティ株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
買い手が付かないのでは、と売却に踏み切れない不動産のご相談も承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

06-6838-3612

営業時間
9:00~17:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ