不動産の任意売却のメリットとは?どのような流れで進める?

2021-11-15

不動産の任意売却のメリットとは?どのような流れで進める?

不動産を購入しても、想定外のアクシデントが起こり、住宅ローンの返済に悩まれている方もいらっしゃると思います。
返済が滞ると競売にかけられる可能性もあるので、早めに任意売却をおこなうのがおすすめです。
そこで今回は大阪にある不動産の売却をご検討中の方に向けて、任意売却とはどのようなメリットがあるのかご説明いたします。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の任意売却とはどのような方法?

任意売却とはさまざまな理由で住宅ローンの返済が6か月以上滞り、金融機関から債権回収会社や保証会社に返済が移ったあとに売却する方法です。
任意売却できるケースは以下のとおりです。

  • 事情により住宅ローンの支払いができなくなった場合
  • 借金の返済が困難になり自宅の差し押さえや自己破産の手続きをおこなった場合

債権回収会社や保証会社に権利が移ると、一括返済か任意売却をおこなう必要があり、どちらも拒否した場合は強制的に競売にかけられます。

この記事も読まれています|不動産は住みながらでも売却できる!空き家にせず売るメリットと注意点とは

\お気軽にご相談ください!/

不動産を任意売却するとどのようなメリットがある?

任意売却は仲介と同じような流れで売れるので、近隣に気づかれにくい点がメリットです。
また場合によっては高額での売却も見込め、残債は月額5,000円から3万円程度で分割返済できるなど、現在の収入や生活を考慮して対応してもらえます。
一方競売は、短期間で入札がおこなわれるので入札者の情報収集が不十分な状態となり、入札金額が市場価格の7割程度になるなど、経済的な負担が大きい点がデメリットです。
また裁判所による訪問調査や、インターネットなどで競売物件として掲載されることにより、近隣の方に知られるリスクも高くなります。
このような理由でメリットの多い任意売却を選ぶ方が多いので、大阪にある不動産の売却でお悩みの方はご検討ください。

この記事も読まれています|不動産は住みながらでも売却できる!空き家にせず売るメリットと注意点とは

\お気軽にご相談ください!/

不動産の任意売却はどのような流れで進める?

不動産を売却しても住宅ローンが残る「オーバーローン」の場合は、以下の流れで任意売却を進めましょう。

  • 査定と住宅ローンの残高を確認する
  • 金融機関から任意売却の同意を得る
  • 売却活動をおこなう
  • 売買契約を結び不動産を引き渡す
  • 金融機関との交渉など、残債の対応をおこなう

交渉の際は、任意売却後の経済的な負担を軽減するために「生活状況表」を提出し、現実的に毎月返済できる額を設定してもらうように交渉します。
これまでみてきた任意売却の流れは、一般的な仲介と同じですが、金融機関を交えて販売価格を決め、売却期限が設定されている点が違いです。
高額な販売価格は売却時期を逃すリスクもあるので、任意売却の経験も豊富な弊社にぜひご相談ください。

この記事も読まれています|不動産は住みながらでも売却できる!空き家にせず売るメリットと注意点とは

まとめ

任意売却は返済にお悩みの方にとって、メリットの大きい売却方法です。
新大阪駅のある西中島エリアを中心に、大阪で不動産売却をご検討中の方は、「あさひリアルティ株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
買い手が付かないのでは、と売却に踏み切れない不動産のご相談も承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

06-6838-3612

営業時間
9:00~17:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ