実際どうなの?売却しにくいと言われる平屋についてご紹介

2022-03-07

実際どうなの?売却しにくいと言われる平屋についてご紹介

一般的に平屋は売却しにくい傾向にあると言われることが多いです。
しかし、物件の魅力をしっかりとアピールできれば十分売却することは可能です。
今回は平屋が売却しづらいと言われる原因をご説明したうえで、どのようにすれば売却しやすくなるかをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

実際に売却しにくい?なぜ平屋は売れにくいのか

狭い土地でも2階建てや3階建てにすることで居住空間が増えるため、居住人数の多いファミリー層などは2階建て以上の物件を選ぶことが多いです。
また、平屋は間取りや立地に強いこだわりを持っている方が買い手になるケースが多いです。
そのため、買主の理想や条件にマッチせず、売れにくいと言われることが増えています。
しかし、その一方で平屋のニーズは現在右肩上がりになっています。
階段の昇り降りがない点は足腰が弱くなった高齢者に優しい設計で、広さも子どもが自立した夫婦にとってはちょうどいいサイズだからです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

実際に売却しにくい?平屋のメリットとデメリット

平屋は階層が1つしかないため階段が不要になります。
そのため上下の移動が限りなく少なく、バリアフリーを実現しやすいです。
また、高さが抑えられている分構造が安定しているため、耐震性に優れている点もメリットのひとつです。
さらに、平屋は外壁塗装や屋根修繕の際にも足場を組まずに行えるため、メンテナンス費用が抑えられる点もポイントです。
一方で、十分な居住空間を平屋で実現させるためには、広い土地が必要になります。
2階建てと比べて基礎面積が増えるので、建設費用も高額になってしまいます。
さらに、近隣の環境によっては十分な日当たりが得られない可能性もあります。
こうしたデメリットも忘れずにチェックしておきましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

実際に売却しにくい?平屋を上手に売却する方法

平屋を上手に売却するには、デメリットを上回るようなメリットをアピールすることが重要です。
アピールポイントは物件ごとに異なりますが、周辺環境や立地、日当たりなど、住んでいてよかったと思える点を買主にしっかりアピールしましょう。
もし築年数が経過していて状態も悪い場合は、あまり価格にこだわらないほうがいいかもしれません。
売却価格を高額に設定したい気持ちは誰しも持っているかと思いますが、適度に減額することも一つの手段として検討していただくこともおすすめします。
また、思い切って解体し、更地にしてから売却する方法も効果的です。
解体費用はかかってしまいますが、どうしても買い手が付かない場合はこちらの方法も検討してみてはいかがでしょうか。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は一般的に売却しにくいと言われている平屋の実情をご紹介しました。
新大阪駅のある西中島エリアを中心に、大阪で不動産売却をご検討中の方は、「あさひリアルティ株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
買い手が付かないのでは、と売却に踏み切れない不動産のご相談も承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

06-6838-3612

営業時間
9:00~17:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ