家を売るタイミングを計るときに知っておきたい観点と注意点とは?

2022-04-12

家を売るタイミングを計るときに知っておきたい観点と注意点とは?

家を売ることを考えるときには、できるだけ良いタイミングでスムーズに売却したいと考える方が多いのではないでしょうか。
しかし良いタイミングで家を売るには、どのような観点からタイミングを計れば良いのか難しく迷ってしまいますよね。
ここでは大阪市で不動産の売却を検討している方に向けて、家を売るタイミングを計るときに必要な観点と注意点についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

家を売るタイミングを計るときに知っておきたい観点とは?

家を売るときには、できるだけ損をしないように良いタイミングを計ることが重要といえるでしょう。
しかしこのタイミングはひとつではなく、さまざまな観点から総合的に判断することで良いタイミングを計りやすくなります。
それでは家を売るタイミングを計る観点にはどのようなものがあるのでしょうか。

相場動向

家を高く売るタイミングを計る観点として、不動産の相場価格があります。
相場価格には地価の公示価格や資産評価額など多くの指標がありますが、基本的には相場が下がり続けるときは早く、上がり続けるのなら遅く売るのが一般的なタイミングといえるでしょう。

築年数

家の築年数からタイミングを考える場合は、物件の資産価値が大きく下がる築15年までの戸建ては早めに売却するのがおすすめです。
一方、築20年を超えた戸建ては資産価値の下げ幅が小さくなるため、急がずに他の観点からタイミングを計ると良いでしょう。

住宅ローン金利

スムーズな売却のタイミングを計るときには、住宅ローンの金利という観点から見るのも一つの方法です。
ローンの金利が低いときは住宅の購入希望者が増えるため、需要が上がりスムーズな売却が進む可能性が高くなるといえるでしょう。

税金

家を売るときには、譲渡所得税という税金が課税されます。
譲渡所得税は家の所有期間が5年を超えるタイミングで税率が低くなるため、家の所有期間によっては売るタイミングを考えたほうが良いかもしれません。

ライフスタイル

家を売るタイミングで多いのは子どもの成長や家族構成が変わるなどのライフスタイルの変化です。
ライフスタイルが変わるときには、住み替えなどのために家を売るタイミングといえるのかもしれません。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

家を売るタイミングを計るときに知っておきたい注意点とは?

家を売るタイミングを考えたときの注意点として、売却までにかかる期間を事前に予定しておくことが挙げられます。
家の売却を考えてから実際の売却活動までは1か月程度、売却活動には3か月から6か月ほどかかるでしょう。
さまざまな観点から良いタイミングを見つけても、実際の売却とタイミングがずれてしまわないよう、注意が必要です。
さらに税金に関してもタイミングによって優遇される場合もあるため、事前に調べておくと良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

家を売るタイミングを計るときには相場や築年数、ライフスタイルなどさまざまな観点から判断する必要があります。
個人での判断に迷ったら信頼できる専門家に相談し、スムーズな売却をすすめていきましょう。
新大阪駅のある西中島エリアを中心に、大阪で不動産売却をご検討中の方は、「あさひリアルティ株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
買い手が付かないのでは、と売却に踏み切れない不動産のご相談も承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

06-6838-3612

営業時間
9:00~17:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ