不動産売却における分筆とは?分筆をおこなうメリットや流れを解説

2022-04-26

不動産売却における分筆とは?分筆をおこなうメリットや流れを解説

不動産売却は効果的な売却にするための工夫がいくつかあります。
分筆も工夫の1つですが、分筆の意味や分筆をおこなうメリットについてはあまり知られていません。
そこで、本記事では分筆の概要、分筆をおこなうメリット、分筆の流れについて解説します。
不動産売却を考えている方は、ぜひご確認ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における分筆とは?

まず、分筆(ぶんぴつ)とは、1つの土地を複数に分割することです。
1つであった土地を分筆し分割することで、登記上別々の土地として扱われることになります。
分筆の「筆」の文字は土地を1筆、2筆と呼ぶことから付けられているものです。
あまり聞きなじみがない言葉ではありますが、分筆と聞いたら土地を分割することだと思い出せるようにしておきましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における分筆のメリット

分筆をおこなうと2つの建物が建てられるようになるなどのメリットがありますが、その他にも分筆することで「土地の一部を売却」ができるようになることもメリットの一つです。
物件には住み続けたいけど不要な土地がある、土地が大きくて利活用できていないなど土地の一部だけを売却したいことがありますよね。
通常であれば1つの土地はすべてを売却しなければなりませんが、分筆を用いることで、これらの希望を叶えることができるようになるのです。
しかし、分筆をおこなった後にどれかの土地が不便にならないか、車両の通り道はきちんとあるのかなどは事前にしっかりと考えておく必要があります。
分筆のデメリットとしては、分筆によって土地面積が狭くなり、セットバックなどの建築制限を受けて建物を建てられない土地になる可能性がある点です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における分筆の流れ

一般的に分筆は以下のような流れでおこなっていきます。

  • 土地家屋調査士に土地の調査を依頼
  • 各自治体の役所で地積測量図や都市計画図などの取集
  • 現地確認および分筆案の作成
  • 現地立ち会い
  • 境界標の設置
  • 登記申請

流れのなかに「境界標の設置」とありますが、分筆は境界が確定していないとおこなえないものです。
基本的には依頼をすることによって進んでいくため自分で特別することはありませんが、分筆の流れに関してはしっかりと把握しておきましょう。
また、分筆をおこなうべきかどうか悩んでいる、分筆の依頼先が分からないといった方は不動産会社へ相談することをお勧めいたします。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

本記事では分筆の概要、分筆をおこなうメリットや流れについて解説しました。
分筆は土地を分割することで一部だけの売却が実現できます。
土地すべてではなく一部だけを売却したい方は分筆をおこなっていきましょう。
新大阪駅のある西中島エリアを中心に、大阪で不動産売却をご検討中の方は、「あさひリアルティ株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
買い手が付かないのでは、と売却に踏み切れない不動産のご相談も承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

06-6838-3612

営業時間
9:00~17:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ