違反建築物とは?適切に不動産売却する方法をご紹介

2022-05-06

違反建築物とは?適切に不動産売却する方法をご紹介

建物を建築する際には、法律に沿って多くのルールが存在します。
では、ルールを守らずに建築された物件があった場合、それらは通常どおり売却することは可能なのでしょうか。
この記事では、違反建築物は不動産売却できるのかについて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における違反建築物とは?

違反建築物とは、法律や自治体の条例に違反している建物のことです。
具体的には、

  • 建築基準法
  • 都市計画法
  • 消防法
  • 都道府県の条例

に違反していると、違反建築物として判断されます。
ただ、違反建物であったとしても、現在これらの不動産取引を制限する法律がないことから、売却自体は可能であるといえます。
また、違反建築物と似た用語に「既存不適格建築物」があります。
既存不適格建築物とは、法律や条例が制定される前から存在していた建物のことです。
当時は合法的に建設されたものの、法律や条例の改正によって、現在ではその基準に適合していないことを意味します。
違反建築物は、このような点で既存不適格建築物とは異なると覚えておきましょう。
既存不適格建築物は違法ではないので、住宅ローンの審査も通常と同様に通過するケースが多く見られます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

違反建築物を不動産売却する方法

違反建築物は売却できないと思われがちですが、法律で取引の制限はなく、売却することは可能です。
実際に、どのような方法で売却を進めていくのでしょうか。

現状のまま売却する

違反建築物が使用できる場合は、現状のまま売却する方法を考えてみてください。
たとえば、古家付き物件にして売却すると、中古物件を求めている層の需要が見込めます。
物件が使用できる状態であるため、コストがかからないメリットがあります。
しかし、売却価格は相場よりも大幅に下がることがデメリットです。

解体して更地にした状態で売却する

違反建築物が古すぎて使用できない場合は、解体する方法がおすすめです。
更地にしたほうが売却しやすく、土地の購入者も見つかりやすい傾向が見られます。
しかし、違反建築物のため、通常の物件に比べて解体費用がかかる場合があります。
このように売却する方法はありますが、違反建築物ということでさまざまなリスクがあることは否定できません。
違反建築物の不動産売却においてリスクが心配な方は、専門家へ任せたほうが安心です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

違反建築物の意味と、それらを売却する方法をご紹介しました。
違反建築物でも不動産売却することは可能ですが、リスクが心配な方は弊社へお声がけくださいね。
新大阪駅のある西中島エリアを中心に、大阪で不動産売却をご検討中の方は、「あさひリアルティ株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
買い手が付かないのでは、と売却に踏み切れない不動産のご相談も承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

06-6838-3612

営業時間
9:00~17:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ