事故物件の不動産売却!事故物件の定義とは?売却方法と注意点

2022-08-02

事故物件の不動産売却!事故物件の定義とは?売却方法と注意点

意図せず事故物件となった不動産を売却したいときに困るのが、売却できるのかということです。
売却できたとしても、相場よりも低い価格を提示されることは覚悟しておく必要があります。
ここでは、事故物件となってしまった不動産売却を検討している方、困っている方に向けて事故物件の定義と売却方法、注意点についてご説明いたします。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で困る事故物件の定義とは?

事故物件を抱えてしまうと心理的ストレスからできるだけ早く不動産売却をしたいと思うものですが、買い手の立場からしても事故物件だと進んで購入したいとはなりにくいものです。
一般的に事故物件とは次のような場合を指します。
物件の中で自殺や他殺、孤独死、事故死などが起こった物件
不動産売却の時に瑕疵がある場合、売主は買主に対し告知する義務があります。
事故物件の場合、心理的瑕疵の対象となるので、必ず告知しなければなりません。
心理的瑕疵とは、人によって不快と感じることがあることを指します。
人が亡くなっていたとしても、病死や老衰などの自然死、また不慮の事故死は事故物件に該当しないので告知義務はありません。
この事故物件で告知義務がある場合は、相場より低い査定額を提示されることを覚悟しておく必要があるでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

事故物件の不動産売却!売却方法とは?

心理的瑕疵があるため告知義務が生じる事故物件の不動産売却はしづらいことが一般的です。
ですが、売主も心理的ストレスを抱えたままより売却を選択する方も多いのではないでしょうか?
その場合、次のような方法を選択すると売却をおこないやすくなります。

  • 値引きをおこなう
  • 年数をあけて売却する
  • 更地にする

事故物件は相場価格での売却は難しいものです。
相場より3割程度値引きをおこなって売却価格を決めると売却をおこないやすくなる可能性があります。
また事故が起こってすぐの売却は近隣の方の記憶にも残りやすくなります。
ある程度年数をあけてから売却をおこなえば気にする方も減っているはずです。
更地にすれば告知義務がなくなるわけではありませんが、建物がある状態よりも気にする方は少なくなるかもしれません。
しかし、更地にするには費用がかかるので、更地にする前に地域に根付いた不動産会社へ相談すると良いでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で事故物件を売るときの注意点とは?

事故物件だからといって相場より大幅な値引き価格を提示される場合には気をつけましょう。
適切な査定額を提示してもらえるように、ご自身でも相場を知っておくことおすすめします。
また、事故物件は心理的瑕疵に該当するので必ず告知する必要があります。
瑕疵の告知義務をおこたると損害賠償請求を起こされる可能性があります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

事故物件の不動産売却はできるだけ速やかにおこないたいものです。
すぐにでも売却したいという場合、相場より3割程度低い査定額であることを覚悟しなければなりなせん。
新大阪駅のある西中島エリアを中心に、大阪で不動産売却をご検討中の方は、「あさひリアルティ株式会社」の無料査定依頼をご利用ください。
買い手が付かないのでは、と売却に踏み切れない不動産のご相談も承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

06-6838-3612

営業時間
9:00~17:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ